『慰霊の日』を考える

June 23, 2014

 

※画像は時事通信より

 

 

 

 

こんにちは。スタッフYです。

 

 

 

今日、6/23は慰霊の日ですね。

 

 

 

船の大きな汽笛が聞こえてきて、正午なんだと気がつきました。

私も家で黙祷をしました。

 

 

 

いまこうやって平和に暮らせるのも、

先人の苦労と悲しみのうえに成り立っているということを

私たちはこれからも忘れてはいけません。

 

 

 

5歳の娘も先週、幼稚園で平和についてお話をしたそうです。

とても大切なことだと思いました。

 

 

 

しかし悲しいことに

沖縄でこの『慰霊の日』を知らない人はいませんが、

県外ではあまり知られていないという現実。

 

内地の友人は皆、慰霊の日を知りませんでした。

(沖縄では公休なんだよ、と説明します)

 

 

 

広島や長崎のことや終戦の日はTV中継されますが

慰霊の日は全く報道されないんですね。

ちょっとニュースで触れるくらいで。

 

 

沖縄は唯一、地上戦があった場所なのに です。

 

 

 

慰霊の日も全国的にTVで取り上げてほしいですね。

 

 

 

 

いち沖縄県人として、台風と同じくらい

考えさせられる そんな日でした。

 

 

 

 

 

 

(台風とは関係のない記事ですいません・・・)

 

 

 

 

 

 

 

****************

 

 

 

ハリケーンファブリックスクリーンは、

・風速70m/s以上にも耐える。

・飛んでくるものから守る。

・大量の雨も止める。

・窓サッシの吹きこぼれもSTOP。

 

 

世界中で普及する台風専用商品です。

 

フィリピン台風をはじめ、規模は年々巨大化しています。

今後の台風対策を真剣に考えてみませんか?

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

台風対策に悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

見積無料でスタッフがお伺いいたします。

 

株式会社ハリケーンファブリック沖縄

お問い合わせ 090-8404-5253

メール info@hurricanefabric-okinawa.com 

-----------------------------------------------------------------------

Please reload

記事一覧

January 7, 2019

Please reload

月別一覧

Please reload

 TAG

SNS

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン

       Tel 098-917-5822

 商品に関するお問い合わせは

 ●携帯直通  090-8404-5253

© 2013 hurricanefabric-okinawa All rights reserved

平成28年熊本地震義援金

ハリケーンファブリック沖縄は日本赤十字社による支援を応援しています